画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルウエアフェスティバル 小倉朋子の箸美人道

ho-sho-hashibijin
毎年楽しみにしている人も多い、テーブルウエアフェスティバル2016
本日から2月8日まで開催ですね♪

紙の箸置きなど、品のあるデザイン雑貨が人気の、
HO.H,(ホーショー)のブース!
私の箸置きの文化やマナーの薀蓄POPがあります。

「小倉朋子の箸美人道 ~箸置き~」
是非、良かったらお立ち寄りくださいね(^^♪
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

*「箸美人」は日本箸文化協会商標登録です。
スポンサーサイト

著書お知らせ

日本箸文化協会代表の小倉朋子です。
お箸だけでないですが、新刊著書が出ました!
20年間教室でお伝えしてきたことや、半世紀にわたり、自ら実験を重ねたことをお伝えしています。
この内容をわかりやすく、著書にしたいと願ってから10年あまり。
やっと出ました。
食とこころは、私がこの仕事をすると決めてからの柱です。
箸も精神性、心と結び付けて、だから大事と思って、講演を始めた経緯なのです。

そして!奇遇にも、出版日が国際箸の日の11月11日です!
ご縁かなあ。
と勝手に思っています。

是非皆様、ご購入いただけたら嬉しいです。
『私が最近弱っているのは、毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社)

輪島塗箸づくり

wajimahoru

dougu

kinnpun
輪島塗りの体験させていただきました。

当然、お箸、です。

沈金

という技法を体験させていただいた。

箸一本一本、手作りのため、塗りや形が異なり、選びます。

まさに

一膳を作る行為。

なぜ、2本といわないのか。

それが「箸文化」まさに“文化”です。



細くて、平らでないので、箸に削って(慎重に、でも力は必要)、乾く前の
漆を塗り、金を刷り込み、乾かすのですが、
漆が、糊の役目をしてくれます。

漆は天然の糊でもあり、保存を高め、抗菌作用もあるんですよ。

日本の箸は、陶器でないので、こういった技法ができます。

そのほかに、蒔絵という技法もあり、漆芸術は大きな絵画も作成して圧巻です。

また機会あれば蒔絵体験もしてみたく思います。

輪島市は講演をしに伺いましたが、良い日本が残っていて、印象に残る場所でした。

ちなみに画像の手は私ではありません(一応(笑)
彫る道具は様々ですが、体験では一種類。やり直しきかないので緊張感、ありました。

箸検定で味噌

11月7日 東京 箸検定開催しました。

受講生の方から
「和食文化、箸の心の奥深さ、体感しました」
とのご意見くださった方も。

今回も、大勢の方にご参加いただき、和心ご縁ができました

講師をしてくださっている方が会場
売っているお味噌とスイートポテトを買われ、写真送ってくださったの。
福井味噌とスイートポテト

福井はおこめも水もおいしいので、ということは、お酒も、和食文化も発達している(発達というより
発生ですね)場所。

伝統文化を「箸」ともに味わうにふさわしい場所ですね。

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

hashibunka

hashibunka

日本は世界で唯一、箸だけで食事を完結させる国。
だからこそ日本独特の繊細な食文化や、他者を尊ぶ謙虚な心は、たった2本の棒――箸とともにあったのです。
すべての日本人が正しく美しい箸づかいを身につけ、良き“日本の心”を取り戻し、後世まで伝えていく。
それが私たち「日本箸文化協会」の目的です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。