画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の第10回和文化&箸検定

小倉朋子です。

昨日第10回和文化セミナー&箸検定を開催しました
震災による影響がある中、開催すべきかどうかとても迷ったのですが、
今こそ、箸検定はしよう!と思い決定しました。


もともと、この箸検定を作ったのは、いわゆる検定ありきの気持ちではありません。

震災の前の日本、食をモッタイナイ(残量だけでなく、心の意味でも)食べ方をしていた状況に
「まった」をかけたい、という気持ちからでした。


日本は、もともと世界でも誇れる素晴らしい食との向き合い方をしていて、
大切に感謝して食べ物と命をつなげてきたのです。

箸は、その大きな意味を多々担っています。


今、この時に、身近な箸から見直していくことは、お陰様で無事である東京にいる人間として
やめるべきことではないのでは、と思いました。


でも、皆様、ご参加いただけないのかもしれない、という不安も。


けれど!!沢山の方が計画停電もある中、足を運んでくださったのです


今回ほど、感動して泣きそうに嬉しい検定はありませんでした。

皆様、ありがとうございました。

栃木から足を運んでくださった方もいらしたり、若いカップルで来てくださった方、凄い!!


時間共有できて、開催して良かったと思います。


箸検定、もう10回やってるんですね。早いものです。

今回の検定料から義援金の一部にさせていただく予定です。

今回いらっしゃれなかった方も、是非次回はご参加くださいませ。

気持ちを一つにしていきましょう。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hashibunka.blog64.fc2.com/tb.php/59-0c25ef58

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

hashibunka

hashibunka

日本は世界で唯一、箸だけで食事を完結させる国。
だからこそ日本独特の繊細な食文化や、他者を尊ぶ謙虚な心は、たった2本の棒――箸とともにあったのです。
すべての日本人が正しく美しい箸づかいを身につけ、良き“日本の心”を取り戻し、後世まで伝えていく。
それが私たち「日本箸文化協会」の目的です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。