画像が表示されない場合の代替テキスト

箸感謝祭

こんにちは、小倉朋子です。
箸の日です、8月4日!

毎年主催側として箸感謝祭を日枝神社で開催しているのですが、
今年不参加しました。

なんと、講師している大学前期試験日と重なったのです!
学生も8月まで授業あるのですよ~、昔では考えられませんね。

勉強するのは良いことですが、やっぱり長いよね~(笑)。

日枝神社では来年もやるはず。
興味ある方、小倉まで御一報くださいね!

御一緒にいきましょ!

芸能人の格付けチェックの反省と思うこと

きゃ~、かなり落ち込んでます。
今回のテレビ朝日「芸能人の格付けチェック」、私の顔ひどかったですね!

凄く疲れた時の収録だったので「きっとひどい顔なんだろうなあ」と思ってましたが想像以上でした(涙)。
声のトーンもテンションひくっ。
実物はもうちょっとはマシ?のはず(笑)。かな?

見てくださった方、ごめんなさい!

でも、番組としては、ほかのコーナーなど楽しい番組ですね!

また、箸づかいは必ず五体満足の方であれば、100%正しい持ち方ができるようになります。合理的でもあるので、力が無駄に入らず、どんな料理もきちんといただけるのです。

何より、日本は食べものの命をいただく、という視点があって、その心をくみ取る食べ方、丁寧な
食べ方が可能になるの。
だから大切なのです。

私がお教えした人は、87歳の方もいらっしゃって。
必ず持てますので、ただ、ひとりでは難しいんですよね、箸は。長年の癖があるので。


海外の方も注目している和食ですが、肝心の日本に在住の人間が、その心をくみ取っていきたいものですね。

テレビ朝日「芸能人格付けチェック」出演

こんにちは!
31日夜19時~、テレビ朝日「芸能人格付けチェック」に、箸先生として出演します。
もうかれこれ、このシリーズ、10数回、出演させていただいています。
箸という地味な存在を、バラエティ番組まで引き上げていただき、
感謝しています。
視聴率も、毎回とってもいいみたいですね!

3時間番組ですが、最初のほうに出る予定です。
是非ご覧くださいね♪

こんにちは!

産経新聞に、箸持ち方記事があり、日本箸文化協会が取材を受けて、事務局長の中道さんがお答えしています!
さらに!
祖の記事がヤフーニュースとなり、人気記事としてアップされていました!
たまたま見つけたので、御紹介します。

ただ、実際は、もっと数万人に教えてきた感覚で、持てない人は多い人数です。
でも、100%直せます、何歳になっても大丈夫です。

私が直接お教えした方で、87歳の方いらっしゃいました。
諦めないでくださいね!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00000531-san-soci&pos=3

箸検定終えて

今日は第19回目の箸検定でした。
日本箸文化協会を立ち上げてから、ずっとしていますが、
私が登壇するのは久しぶりなのでした。

沢山の方に受けていただき嬉しく思います。

でも、終了後、楽しく聞けた、もっと和文化箸文化知りたくなった、箸の奥深さが驚いた…
など御感想いただいてほっとしています。

危機的に感じて、毎日新聞に和食と箸と精神性の連載を書いたときから、
そうね、あれから10年以上たってますね。

世界情勢も変化し、海外の方がこれほど和食を好み、箸を持ち、味噌汁を飲む時代が来るとは、
海外の方のほうが最近は、動きがずっと早いです。

肝心な箸の国の日本人が和食離れ、魚食べない、コメ食べない、果物食べない、野菜食べない、豆食べない…。

箸はモノですが、
日本の箸は心でもあります。

是非、御興味ある方、次回は受けてみませんか?
レジュメにも自信持って書いていただける検定です。

大学生で、「先生、履歴書に書いたら、面接官の方に興味もっていただいて、
受かりました、会社!」と嬉しい連絡くださった方、いらっしゃいます。

それは、箸が持てるかどうかではなく、
文化意識を見られたからですよね。

一人でも多くの人が「食べられたら、いいじゃない」という視点から一歩離れて
食を見ていけますように。


«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

hashibunka

hashibunka

日本は世界で唯一、箸だけで食事を完結させる国。
だからこそ日本独特の繊細な食文化や、他者を尊ぶ謙虚な心は、たった2本の棒――箸とともにあったのです。
すべての日本人が正しく美しい箸づかいを身につけ、良き“日本の心”を取り戻し、後世まで伝えていく。
それが私たち「日本箸文化協会」の目的です。

FC2Ad